網津小学校
Amitsu Municipal Elementary School

建築設計 : アトリエ・アンド・アイ [坂本一成研究室]
所在地  : 熊本県宇土市網津町2082-3
用途   : 小学校
規模   : 地上 2 階  延床面積 2,967 u
構造   : RC 造
竣工年月 : 2011 年 3 月
掲載雑誌 : 新建築 2011 年 5 月号

ボールトをずらしながら組み合わせた屋根形態が特徴的な小学校校舎である。
短手方向は教室間の堺壁を利用して耐震壁を配置しているが、長手方向は耐震壁のない構造でありボールトのスラストや地震力への対応に配慮した。4mスパンの部分を陸屋根として屋根梁を付けてラーメン構造とすることでスラストや地震力の抵抗要素とし、ボールトに挟まれた柱は長手方向を片持ち柱として扱い、ボールト部分では梁をなくした。
主なるボールトは8m×12mの大きさで、4隅を支えられたシェルとしての性状を示す。ただし、教室の堺壁の鉄筋コンクリート壁がある箇所ではボールトの長辺が連続的に支えられており、この部分ではショートシェルとしてアーチと同様の応力状態となる。
スラブの厚みは端部で200mm、中央で90mmである。