京極中学校

建築設計 : アトリエブンク
所在地 : 北海道虻田郡京極町
用途 : 学校
規模 : 地上 2 階  延床面積 3,347 u
構造 : RC造 一部S造 一部木造
竣工年月 : 2011 年
掲載雑誌 : 建築技術2012年3月号

 校舎と体育館を一体として計画した。校舎はRC造である。体育館は、断面形が台形形状であり、外壁そのものを内側に傾けて空積を減らし、また屋根部材のスパンを小さくしている。下部の1層分をRC造とし、上部を鉄骨造の壁、屋根を木造と鉄骨の張弦梁の構造としている。屋根の張弦梁は、上弦材が集成材220×700、下弦材は鉄骨でフォークエンド付きのタイロッドとし、下弦材の配置は中央部で短手方向軸線と平行で、端部では角度を変えて木造梁と同じ平面上に位置するように計画した。台形形状の妻面に鋼管斜め柱を用い、形態に合わせた形で耐震要素とした。