龍谷大学深草キャンパス和顔館
RYUKOKU UNIVERSITY WAGENKAN

建築設計 : 飯田善彦建築工房
所在地  : 京都府京都市伏見区
用途   : 大学
規模   : 地上 5 階 地下 2 階 , 延床面積 27,644㎡
構造   : S造 一部 RC,SRC造
竣工年月 : 2015 年 2 月
掲載雑誌 : 新建築 2015年 6月号

私立大学のキャンパス内につくられた講義室と図書館機能を有する校舎で、設計コンセプトは「スラブタイプ」であり、水平ラインを強調するデザインとされた。
地上階の主体構造鉄骨造であり、建築的なコア部をSRC造の柱梁とRC造の耐震壁を用いて地震力を100%負担させ、鉄骨柱は267.4~318.5φとした。床は梁せい400mmの鉄骨梁をRCスラブの組合を用いている。
中庭側は段状となったテラスが分散的に設けられ鉄骨柱に支えられているが、鉄骨柱が長くなると座屈のため径が大きくなるので、これを避けるため柱には2層ごとにスラブが取り付くようにテラス床位置の調整を行い、柱径を統一した。