県立ぐんま昆虫の森 昆虫観察館
Gunma Insect World

建築設計 : 安藤忠雄建築研究所
所在地  : 群馬県桐生市新里町鶴ヶ谷 460-1
用途   : 博物館、温室
規模   : 地上 3 階、地下 1 階  延床面積 5,084 u
構造   : S 造 + RC 造、(一部)SRC造
竣工年月 : 2004 年 10 月
掲載雑誌 : 新建築 2006 年 9 月号、GA JAPAN 82

傾斜地に建てられた建物で、地中部分に展示室などを設け、上部に球面の一部を切り取った形態のガラス屋根を架け、さらに その一部がガラス壁で仕切られた生態温室として利用されるものである。
ガラス屋根の鉄骨は、半径57.241(m)の球面の一部を三つの大円により切り出し、一辺4.5〜5.0(m)の三角形グリッドで構成した単層 ラチスシェル構造である。3点の隅角部の直線距離は約70(m)となっている。鉄骨シェルは3点の隅角部の他、温室外周部に約4(m)ピッチに 設けた方立兼用のボックス柱および外周辺に設けたV字形鋼管柱によって支持し、内部の梁部材を極力小さく(250Φ)することを意図した。
ガラスは鉄骨部材から支持金具を持ち出しDPGによってささえ、最小部材での取り付けを行なった。