自由学園初等部食堂棟
JIYU GAKUEN Elementary Dining room

建築設計 : 袴田喜夫建築設計室
所在地  : 東京都久留米市
用途   : 学校
規模   : 地上 1 階 延床面積 706 u
構造   : W造
竣工年月 : 2008 年 8 月

1931年に遠藤新により設計され、「東京都選定歴史的建造物」に指定されている建物の耐震改修である。このような耐震補強においては補強部材を既存部材と置換し、あるいは仕上げ内に内蔵するという手法を用い、内外の建築意匠を極力変えない改修を行った。
建物は大きな方形の屋根をもつ平屋建ての木造建築であり、全般的に耐力壁は少なく、4隅に2本ずつ対になって配置された組柱と、柱間に配置された4面のトラス梁による剛接架構を意図した設計であったが、柱梁接合部の耐力が不十分で耐震性能はかなり低い建物であった。
組柱のうち外側の柱を鉄骨柱に置換し、柱をつなぐ鉄骨梁とからなる4本柱の鉄骨ラーメンフレームにより全体の水平力負担を行うこととした。 鉄骨梁は既存の天井内に内蔵することで補強前と空間のイメージは変わっていない。