旧富士製氷工場コンバージョン
Former Fuji Ice Plant Conversion

建築設計 : 東京理科大学 坂牛研究室
所在地  : 山梨県 富士吉田市
用途   : 事務所、保育園
規模   : 地上3階  延床面積 219 ㎡
構造   : 鉄骨造
竣工年月 : 2016 年 2 月
掲載雑誌 : 新建築 2016年 9月号

町おこしの目的で、使われなくなった製氷工場のコンヴァージョンが計画された。 1階が保育所、2階がコミュニティキッチン、3階がNPOオフィスとして計画され、 新たに、庇とトンネルと呼ばれるエントランスとしての空間を配置して、特徴的な外観をつくった。 梁間方向はラーメン構造であり、梁仕口の強度不足であったため1階では方杖補強を施し、 2,3階は接合部の溶接補強を行った。桁行方向はL型鋼によるブレース構造であり、 1階ではブレース断面が不足していたためブレース材を断面の大きなアングルに入れ替えて補強した。